BALとは

BALとは
BALは沖縄からウェルネスな世界を実現するために、ヘルスリテラシーを高める人材と事業を開発する健康教育企業です。

現在既にトレーナーやインストラクター・セラピストなどプロの運動指導者として活動されている方向けの「プロ向けサービス(BAL ACADEMY)」とエンドユーザーであるお客様にご提供する「個人様向け・法人様向けサービス」を展開しています。
 
BALとは
 

「健康教育」とは?

BAL 健康教育
ヘルスリテラシーとは定義上「健康情報についての情報リテラシー」ということになりますが、もっと分かりやすく言うと「その人の健康とその要因をコントロールし、改善出来る能力」です。

そして「健康」を考えたとき「フィットネス(運動療法)」「ニュートリション(栄養療法)」「レスト(休養療法)」が重要であることは誰もが知るところですが、実際はこれらの要素に対して同等に具体的な解決策を持つ指導者は殆ど見当たらないのが現状です。

ですから、BALはこれらの知識を持つ人材を増やすこと、そして一般の方がサービスとして受け取るための事業の開発を行うこと。これらの活動によってヘルスリテラシーを高める支援、つまり「健康教育」を行って参ります。

事業内容(プロ向けサービス)

BALのプロ向けサービス
超高齢化社会が進み健康需要が高くなる中、多岐に渡るニーズに対して個々で対応するのは難しくなりつつあります。だから、お客様持つ様々な要望やニーズに「個」ではなく「全体」で応えることが出来ればより健康の輪は広がっていく、というのがBALの考え方です。

BALが得意とする「人体知識に基づいた、サービス開発力」を生かし、各運動指導者の得意領域における独自のサービスを展開してそれぞれの分野の「プロ」として活動することをサポートします。
 
BAL ACADEMY 特典動画プレゼント
BAL ACADEMY 無料会員登録
BAL PRO SUMMIT 詳細
 
BAL PRO

事業内容(個人・法人向けサービス)

BALの個人向け・法人向けサービス
そして、BAL自身も「個人様向けサービス」「法人様向けサービス」と対象ごとに独自のサービスを展開しています。
 
BAL 個人向けサービス

BALの目指すもの

BALの目的

‟沖縄に新たな産業を作る”

BALは代表ミナミが運営する一軒のパーソナルトレーニングスタジオから始まりました。現在、スタジオ以外にも全国最大のパーソナルトレーナー養成スクールの運営や様々なサービスの開発に取り組んでいます。詳しくは事業紹介をご覧下さいませ。

そして、BALがこのような活動の中で何に向かっているのかというと、それは「健康教育を沖縄の新たな産業にする」ということです。
 

必要なのは「観光産業以外」

BALが発足した2020年11月時点では、沖縄はまだ日本全国でも新型コロナウイルスの感染者数の人口比は上位に位置しており、いまだ景気は回復したとは言えません。

また、新型コロナウイルスの影響は特に沖縄県内では如何にこの島が「観光産業頼み」だったことが如実になりました。つまり、それはこれからの沖縄を盛り上げていくのは「観光産業以外の産業」であると考えています。
 

BALが行うのは「健康教育」

しかし、「新たな産業を作る」というのはとても一人の力で出来ることではありません。だからこそ、「個」の力ではなく「全体」としてその目標に向かう必要があります。

そのためにBALが沖縄ですることは、健康に必要なフィットネス(運動療法)・ニュートリション(栄養療法)・レスト(休養療法)に同等の具体的な解決策を持つ「レベルの高い人材の育成」「それぞれの強みを生かした独自のサービス開発」

これら人々のヘルスリテラシーを高める「健康教育」事業。そして、BAL自身も個人向け・法人向けそれぞれに対して自分たちの強みを活かしたサービスの展開を今後も継続して行って参ります。
 

そして、「勢い」が必要だ

そして、このコロナ禍で、漠然とした閉塞感があるとか、明るい未来を信じられないとか。そんな時代だからこそ今必要なのは「沖縄に新たな産業を作る」なんてパッと聞くと半信半疑になりそうなことを目標として掲げる存在だったり、「勢い」のようなものではないかと思います。

それを、これからBALは体現していきます。

BALの由来

BALの由来
BAL ロゴ
私たちが思い通りに体を動かすためには脳から電気信号が出され、神経を通り、体の各部位に指令を伝達して動きます。しかも、およそ37兆個の全細胞が足並みを揃えてです。

心臓血管系が全身に血液を循環させ、呼吸を肺をはじめとした呼吸器系が行い、同時に胃や腸が食物の消化・吸収を行い、体内の恒常性を保つために神経系や内分泌系が働いている。

ですから、人体(Body)の仕組みは論理・法則(Logic)に乗っ取って、これだけ完成された1つの組織として働いているアート(Art)であると考え、それぞれの頭文字をとってBALと名付けました。